宇宙コンシャス・サイト

カレント トピック  !

2013年4月4日-CERN-ISSに備えつけた装置で250億個の粒子を解析。内、暗黒物質の衝突で発生するといわれる陽電子40万個を確認。

 宇宙 

 

宇宙/TOP

  > 

  遺跡/天文学者(ゆかりの地)

  > 

古代人の観測技術 

  > 

システム

 

宇宙を支配する物理現象

驚きの星の大きさ

※星の大きさと運命---星は大きさによって最後のその運命が決まる。

星の大きさ(比較動画)

最初は月の大きさから
  
水星 
火星 
金星 
地球 
海王星 
土星 
木星 
↓下へ続く
名称星のサイズ距離・特徴
太陽1,392,500寿命は100億年。残るは50億と言われている。
シリウスA2,338.560連星
ポルックス11,136,000約33光年
アークトゥルス22,132,800距離・特徴
アルデバラン61,548,500距離・特徴
リゲル97,440,000恒星風によって表層から大量のガスが急速に失われており
エータカリーナ大きさ距離・特徴
ピストルスター473,450,000距離・特徴
カシオペヤ座ロー630,000,000距離・特徴
アンタレス974,400,000距離・特徴
ぺテルギウス1,392,500,000距離・特徴
ガーネットスター1,976,640,000距離・特徴
ケフェウス座VV星2,400,000,000距離・特徴
おおいぬ座VY星2,900,000,000距離・特徴
おおいぬ座VY星2,900,000,000距離・特徴

【白色惑星の誕生】

みずがめ座にあるらせん星雲星は分子雲の中から生まれる。水素は自身の重さで、中心に向かって落ちていく。そのエネルギーはどんどん高くなり、やがて水素同士が固まり核融合反応を始める。水素核融合は水素がなくなるまで続く。やがて水素がすべてなくなると、収縮が始まり、今度は中心に向かってヘリウムの核融合が始まる。そしてまた輝き始め、ヘリウムがなくなるまで 核融合が続く。更にヘリウムがなくなると、今度は炭素の核融合が始まり、その後は炭素から○○と、次はネオン、ケイ素の核融合を繰り返し、最後は鉄に変わる。鉄は融合で熱を吸収する性質があるので、そこで終わる。それが我々の太陽の運命だ。太陽は約100億年の寿命を持っている。(太陽は現在50億年の年齢に達し、徐々に膨張し、爆発とともに中心には地球の程度の大きさで一生が終わり白色惑星となり終わる。

【中性子星の誕生】


それ以上8倍程度の大きさから25倍程度では中性子星に変わる、

太陽の大きさの8倍以上26倍程度
のサイズの場合は中性子とな 桁外れに大きい密度中性子星は大質量の恒星の超新星爆発によってその中心核から作られるが る中性子が主な成分の天体

【ブラッホールの誕生】

26倍以上サイズの星はブラックホールとなることが分っている

地上の地平線の半径距離算出

それ以上(25倍以上)はブラックホールになることで知られている。

星は分子雲の中から生まれる。水素は自身の重さで中心に向かって落ちていく。そのエネルギーはどんどん高くなり、やがて水素同士が固まり核融合反応を始める。水素核融合は水素がなくなるまで続き、やがて水素がすべてなくなると、収縮が始まり、今度は中心に向かってヘリウムの核融合が始まる。そしてまた輝き始め、ヘリウムがなくなるまで 核融合が続く、更にヘリウムがなくなると、今度は炭素の核融合が始まり、その後は炭素から○○と、次はネオン、ケイ素の核融合を繰り返し、最後は鉄に変わる。鉄は融合で熱を吸収する性質があるので、そこで終わる。それが我々の太陽の運命だ。太陽は約100億年の寿命を持っている。(現在50億年の年齢に達している)