宇宙コンシャス・サイト

カレント トピック  !

2013年4月4日-CERN-ISSに備えつけた装置で250億個の粒子を解析。内、暗黒物質の衝突で発生するといわれる陽電子40万個を確認。

探査機「ロゼッタ」が軟着陸。欧州宇宙機関(ESA)は、11月13日午前1時頃(JTimes)に、火星・木星間にある「チュリモフ・ゲラシメンコ彗星」に…

 参照:登録希望は直接専用ウェブサイトへ

☆無人試験機「オリオン」、地上約5800キロから時速32000キロで大気圏へ再突入。(耐久性)データーを集め太平洋に着水。いよいよ火星へ!

それは、私たち全てを形造ってきた広大な器。   あらゆる人種・文化・宗教が追い求め続けている「真実」を含んでいる器だ。  138億年を越えて、今、銀河系の片隅-太陽系の惑星-地球で、宇宙の全ての仕組みを解き明かす研究が勢いよく展開されている。 それらの情報・ニュースや解説、映像や画像を、多角的に集め、今、現在、私達が置かれている地点を、宇宙座標軸の中で見いだしたいと望んでいる


ビッグバン発生(10-37乗秒まで解明)→インフレーション(38万年)→暗黒時期(4億年経過)→最初の星誕生→暗黒物質の広がり→現在
宇宙のインフレーション

と言っても、当然ながら宇宙であるからして、それこそ、この世、あの世の全てであるのだから、理解することや掴み取るのは、 間口も広く、奥も深そうだ。
  とっかかりは、興味を抱いたもの、関連のありそうなものの情報の収束ルートを構築していく方法を選択したいと考えている。
当分の間、着地点も定めることも出来なさそうだ。
だが、いずれにせよ我々の全ての原理原則のシステムの根源は、宇宙のそれに由来されている筈である。

  宇宙マイクロ波背景放射
宇宙マイクロ波背景放射の温度ゆらぎ。

宇宙は不可思議な事ばかり!

  • ヒッグス粒子が確認され、超対称性粒子も確認されると、別の世界(パラレルワールド)の存在も考えられるのか…
  • 17番目のヒックス粒子が発見された!ビッグバンまで、更に1秒の10の50乗まで迫った…
  • 暗黒エネルギーはどうして重力があるのだろう?18番目以降の素粒子は?…
  • 最初の地球外生命体には、どこで、何時、出会うのだろうか?…
  • ベテルギウスの大爆発は何時起こるのだろうか? もう既に起こっているかも…
  • ホットジュピターがなくても私達の太陽でもスパーフレアーは起こる?
  • 火星面の着陸はいつになるのだろうか?…
  • アポフィスは本当に地球には衝突せずに通り過ぎるのか?…
  • 宇宙はどこまで広がり膨大していくのだろうか?
  • 重力波は本当に存在するのだろうか…?
  • 我々の太陽が膨張し地球を飲み込む頃までに、人類は系外に飛び立っていれるのだろうか?
  • ワームホールを人類は本当に発見することが出来るのだろうか?

※サイト利用の際、翻訳ソフトをご利用される方も多いと思われます。本サイトでは、GoogleMapをご利用いただく箇所も多く、翻訳ソフトによっては画面表示がうまく表示されない場合もあります。 そのような時は適宜Google翻訳ツールをご利用も一考いただければ幸いです。

※本サイトにはGoogle Earthプラグインをインストールする必要な箇所があります

※本サイトで扱っている情報や解説・画像等は参考先の情報発信ホームページを、各ページの下段に表示し、オリジナル内容を確認できるようになっっています。