ボイジャー計画

太陽系の外惑星および太陽系外の探査計画

◎ボイジャー1号は1977年9月5日に打ち上げられ
◎ボイジャー2号は1977年8月20日に打ち上げられた。

その理由は、1970年代後半から1980年代にかけて 木星、土星、天王星、海王星、冥王星といった外惑星が同じような方向に並ぶため、スイングバイ航法を用いてより遠くまで到達するのに最適の年だったのである   結果、各惑星で新しい衛星を発見したり、木星、天王星及び海王星に環があることが明らかとなった。
また、トリトンにおける大気の発見の他、イオの火山についても明らかとなった。

ボイジャーには「地球の音」(The sounds of Earth) というタイトルの金メッキされた銅板製レコードがついており、そこには地球上の様々な音や音楽(日本の音楽では尺八による「鶴の巣篭もり」(奏者: 山口五郎)を収録)、55種類の言語
ボイジャー1号は2013年9月現在で太陽から約187億km(約125AU)離れたところを太陽との相対速度・秒速約17.06kmで飛行中であり
ボイジャー2号は2013年9月現在で太陽から約153億km(約102AU)離れたところを 原子力電池の出力低下にともない、少しずつ観測装置の電源を切っており、稼動を完全に停止するのは2025年頃の予定   「ウィキペディア ボイジャー計画」より


彼らはどこまでも宇宙の彼方へ進む  
どこまで行くのだろうか?
唯、300年後、ボイジャー6号の答は「Sstar Trek の「The Motion Picture (7/9) Movie CLIP - VGER is Voyager 6 (1979) HD」の中にあった。…