世界の海流

世界最大の大型パラボナ電波望遠鏡の設置が完成すると天体などが発する微弱な電波を観測することができる。今までの観測で1400光年離れた星の画像を公開した。 画像では誕生して間もない星がガスを激しく噴出している様子が分かる。このうちオレンジや緑色に色分けしたガスは、これまで光を吸収してしまう暗黒星雲の陰に隠れているためほとんど観測できなかった。アルマ望遠鏡は一酸化炭素の分子の放つ電波を捉て観測し、ガスの流れを鮮明に捉えルことができた。2013年10月に66台の全ての望遠鏡が整備をそろえば今まで以上の観測が可能になる。

世界の海流